DHMBAとはを表現するカバー画像

DHMBAとは

ワタナベオイスターDHMBAディーバゼリーの機能性関与成分は、株式会社渡辺オイスター研究所が発見し、機能性を証明した、「牡蠣肉抽出上清由来3,5-dihydroxy-4-methoxybenzyl alcohol(以下、DHMBAディーバ)」です。

DHMBAディーバは直接的抗酸化物質としての即効性と、間接的抗酸化物質としての持続性を持った、酸化ストレスから身体を守る優れた抗酸化物質です。

DHMBAディーバ構造式
還元についての図

見つけた!
新規抗酸化物質

2006年

「おかしいな、TBARS値(脂肪がどれだけ酸化されたかを示す数値)は有意に低下したのに、SODは活性してないぞ」――2006年のある日、弊社研究所の一室で、社長・渡辺貢は疑問を抱きました。

牡蠣肉エキスの上清(上澄み)を投与したマウスの腎中を調べたところ、過酸化脂質の値は明らかに低下して、活性酸素が消去されたことを示しているのに、活性酸素を消す酵素であるSODの働きに有意な上昇は見られなかったからです。

活性酸素を消去する方法は2つ。1つはSODなどの抗酸化酵素で消す方法。もう1つは、
抗酸化物質の投与です。しかし、従来、牡蠣肉エキスの中には抗酸化物質はあまり含まれていないことになっていました。

「だが、マウスの体内の活性酸素は、SOD以外の抗酸化物質によるものと推察される。ということは、牡蠣肉エキスの上清には、未発見の抗酸化物質があるに違いない」

この気づきが、ほどなくして、
牡蠣肉抽出上清由来の新規抗酸化物質DHMBAディーバの発見をもたらしました。

2007年

翌2007年には、渡辺が牡蠣の分析結果から、牡蠣肉抽出上清中に何かわからないが抗酸化物質かもしれないピークを発見。

2010年

北海道大学と共同研究をはじめ、2010年に牡蠣肉抽出上清より新規抗酸化物質DHMBAディーバを同定できたのです。

ミトコンドリア内の
活性酸素も消去できる

DHMBAディーバには、「抗酸化物質のエリート」と呼びたくなるような、“極めて稀”な特性がありました。それは「両親媒性」。水にも油にも溶ける性質です。

細胞への浸透を比較した図

水にも油にも溶けるということは、油成分の多い細胞膜にも、水成分の多い細胞の内側にも入り込み、細胞の奥深くにあるミトコンドリアの活性酸素までも効率よく消せるということです。

このような性質を持つ抗酸化物質は滅多に存在するものではありません。

たとえば代表的な抗酸化物質であるビタミンCは水溶性なので、水成分の多い血液にはよく溶けますが、油成分の多い細胞膜にははじかれて、なかなか内側に入ることができません。同じく代表的な抗酸化物質であるビタミンEは脂溶性なので、油成分の多い細胞膜内には入り込めますが、水成分の多い、細胞のなかまでは入り込むのが難しいため、こちらもミトコンドリアへの到達は困難です。

ミトコンドリアは、人間が活動するためのエネルギーであるATP(体内で、ブドウ糖から産生される高効率のエネルギー)を産生しながら、同時に、たくさんの活性酸素も発生させています。

ミトコンドリア内の活性酸素を消去する仕組みを表した図

両親媒性を活かして細胞の奥深くまで到達し、ミトコンドリアの活性酸素を消去できるDHMBAディーバは、非常に効率的な疲労回復物質であるといえます。

でも、それだけではありません。

疲労軽減作用以外のさまざまな可能性も、DHMBAディーバには期待されています。

DHMBAディーバ
抗酸化物質の女神

栄養成分の宝庫として、海の生物の王様と言われている「牡蠣」。
その牡蠣から発見されたDHMBAディーバは、抗酸化物質の女神です。

いくつ知っていますか?
抗酸化物質

活性酸差を消す働きをする抗酸化物質には、沢山の種類があります。 以下、食品に含まれている抗酸化物質のうち、有名なものをあげてみました。

ビタミン類 ビタミンA
ビタミンC
ビタミンE
フィトケミカル※ ロスマリン酸(ローズマリー)
ガリック酸(お茶)
クロロゲン酸(コーヒー)
リコピン(トマト)
イソリクイチゲニン(甘草)
シアニジン酸(ブルーベリー)
スルフォラファン(ブロッコリー芽)
ケルセチン(たまねぎ)
クルクミン(ウコン)

※野菜や果物に含まれる化学成分の総称で、植物自身が紫外線や害虫から自分を守るためにつくりだしている色素、香り、苦味、あくなどの成分のこと。

抗酸化のチカラを
比べてみました

抗酸化力はクロロゲン酸の約6倍!

抗酸化物質と聞いて誰もが思い浮かべるのは「ビタミンC」でしょう。
ORAC法(電子を与える能力)測定で、DHMBAディーバには、ビタミンCの約2.3倍もの抗酸化能力があることが分かっています。
また、人気の抗酸化物質との比較※では、食物に多く含まれるポリフェノールの一種「ロスマリン酸」の約4.9倍、コーヒー等に含まれる「クロロゲン酸」の約6倍の抗酸化能力があることが分かりました。

※Keap1-Nrf2経路の比較試験

抗酸化力の比較
(Keap1-Nrf2経路活性化)

コーヒーなどに含まれるクロロゲン酸よりも、ローズマリーなどに含まれるロス
マリン酸よりも、DHMBAディーバは細胞を生存させ、細胞に抗酸化酵素を作らせる
Keap1-Nrf2経路を活性化させた。
この図は以下の文献を基にしています。
Journal of Functional Foods, 35, 245-255 (2017)

多く摂取した際の
「毒性」を比べてみました

安全性はクルクミンの約5倍!

抗酸化物質の中には、どんなに抗酸化力が強くても、飲み過ぎ厳禁の物質もあります。筆頭は漢方で有名なウコンに含まれる「クルクミン」。細胞に対する毒性を調べる試験※では、1滴のクルクミンで半数の細胞が死んだのに対して、DHMBAディーバを5滴以上投与しても細胞は一つも死にませんでした。意外なところでは、トマトの「リコピン」と比べてもDHMBAディーバは5倍近い安全性を示しました。

※IC50試験

安全性の比較 (IC50グラフ)

細胞の抗酸化経路を活性化させることのできる抗酸化物質を比較すると、DHMBAディーバ
はウコンのクルクミンやトマトのリコピンの5倍安全だった。
この図は以下の文献を基にしています。
Journal of Functional Foods, 35, 245-255 (2017)

つまりDHMBAディーバは、チカラと優しさの総合力に秀でた、抗酸化物質の女神なのです。

DHMBAディーバありの牡蠣肉エキスとDHMBAディーバなしの牡蠣肉エキスを
比べました

DHMBAディーバの腎臓を始めとする各臓器の抗酸化作用を確認しました!

ストレスを過剰に受けたマウスを、3つの群に分け、それぞれに水、「DHMBAディーバありの牡蠣肉エキス」、「DHMBAディーバなしの牡蠣肉エキス」を与えました。
その結果、「DHMBAディーバありの牡蠣肉エキス」を与えたマウスでは、各臓器(肝臓、腎臓、膵臓、脾臓)の活性酸素は消去されたため、活性酸素によって酸化された脂質の量が最も低く、DHMBAディーバの脂質抗酸化作用が確認されました。

また、「DHMBAディーバありの牡蠣肉エキス」のみで腎臓中のDNAの抗酸化作用が確認されました。
腎臓では、脂質の抗酸化とDNAの抗酸化の両方が認められ、DHMBAディーバは腎臓に対する有効性が観察されました。
このDHMBAディーバによる各臓器の抗酸化作用は、DHMBAディーバが疲労感軽減の機能性を発揮する成分(機能性関与成分)であることを証明しています!

各臓器の脂質の酸化量の変化
(MDA値)

肝臓、腎臓、膵臓、脾臓のいずれも、DHMBAありの牡蠣肉エキスを与えたマウスは、
臓器中の脂質の酸化の度合いを示すMDA値が有意に低かった。
この図は以下の文献を基にしています。
薬理と治療 45 (1), 25-33 (2017)

腎臓中の抗酸化作用

DHMBA有群のみに腎臓中のDNA抗酸化作用が観察され、腎臓中のDNA抗酸
化に由来する疲労軽減作用が示唆された。
この図は以下の文献を基にしています。
薬理と治療 45 (1), 25-33 (2017)