製品紹介を表現するカバー画像

製品紹介

ワタナベオイスター
DHMBAディーバゼリーSとは

昔から牡蠣は、身体によい食品の代表と考えられてきました。その効能の素晴らしさは、古代ローマや中国・明朝の書物にも記されているほどです。

ただし、謎がありました。

なぜ、牡蠣を食べると元気になるのか、どうして疲労がとれるのか。一般に語られる「〝海のミルク〟と呼ばれるほどの完全栄養食品だから」も間違いではありません。しかし牡蠣肉エキスのなかには、さらに素晴らしい偉大なパワーが隠されていたのです。それが『DHMBA』、牡蠣肉エキス研究のパイオニアである渡辺オイスター研究所が発見し、世界で初めて製品化に成功した新規抗酸化物質です。

家族団欒の写真

その特長は、癒しのパワーは強いのに、体にとても優しいこと。2019年4月に、消費者庁の厳しい基準をクリアーして受理された「疲労感軽減作用」と身体に対する安全性に加え、2021年4月には「ストレス(イライラ感)緩和」と「睡眠の質(夢み)向上」という2つの機能が、届出を受理されました。DHMBAディーバの〈よみ方〉である「ディーバ」は、「女神、歌姫」という意味の「Diva(ディーバ)」に由来します。地域でも家庭でも、健康な暮らしの中心として、周囲を幸せにしている大人の女性に、まずはご愛用いただきたいと考えたからです。どうか疲れを貯めないで、ワタナベオイスターDHMBAディーバゼリーSをあなたとご家族の健康にお役立てください。

あなたは、あなたの大切な人の、特別なディーバだから。

製品の特徴

DHMBAは、栄養食品の王様=牡蠣から発見された抗酸化物質です。古代ローマの時代から完全栄養食として愛されてきた牡蠣には、未発見の疲労軽減物質がありました。それが『DHMBA』。牡蠣研究のパイオニア、「渡辺オイスター研究所」が世界で初めて発見し、機能性を明らかにした抗酸化物質です。

DHMBAの4つの特徴を表した図

ディーバの恵み、
DHMBAディーバゼリーS

牡蠣肉エキスの
上澄みから新発見

DHMBAは、牡蠣肉エキスの上清(上澄み)から、弊社独自の技術で抽出した抗酸化物質です。栄養価に富む完全食品であり、健康にいいことが分かっていたものの、未解明だった3つの機能やエビデンス(科学的根拠)など、牡蠣の秘密が世界で初めて明らかになりました。

新鮮な貝殻付き牡蠣を手に持っている様子

活性酸素を消去する
ニューフェイス

DHMBAは、2011年に弊社社長・渡辺貢が発見しました。中国・明代の薬物書『本草綱目』にある「煮て食すると虚無感、心理的な患いを癒し、身体の調子を整え、丹毒を消し、婦人の血気の流れをよくする」のエビデンス(科学的根拠)を明らかにする過程で突き止めたのです。

抗酸化物質が、疲労、不眠、うつ、認知症、更年期障害等々、私たちの心身にさまざまな疾患をもたらす「活性酸素」を消去してくれる物質だということはよく知られており、元祖・抗酸化物質にはビタミンCやビタミンEが。人気の抗酸化物質には、トマトのリコピン、ブロッコリーのスルフォラファン、コーヒーのクロロゲン酸、ウコンのクルクミンなどがあります。

DHMBAディーバゼリーSは、
機能性表示食品です

DHMBAディーバゼリーSの前身『ワタナベオイスターDHMBAディーバゼリー』が、日常生活で生じる中高年の皆様の疲労感を軽減する機能があるDHMBAを主成分とする「機能性表示食品」として、届出が受理されたのは2019年4月でした。それから2年。2021年4月には、「ストレス(イライラ感)緩和」と「睡眠の質(夢み)向上」という2つの機能も新たに認められました。

機能性表示食品とは、食品の機能性(健康を支える働き)の科学的根拠を、企業が消費者庁に届け出ることで、企業の責任で製品パッケージに表示できるようになった食品です。

厳しい日本の消費者庁の基準をクリアーするために、単に「牡蠣肉エキスの中に抗酸化物質がある」というだけでなく、機能性に関与する成分の特定(DHMBAの発見)をし、それぞれの機能と作用機序を証明したのです。これにより、食品が有する機能性を具体的かつ分かりやすい言葉で表示できるようになりました。

DHMBAゼリーをスプーンで救っている写真

抗酸化物質だけを高濃度に配合

DHMBAディーバゼリーS1本は、牡蠣約60個分ものDHMBAを高濃度で含有。ストレスや疲労感がもとで起きてくる、数々の不調の軽減や未病対策に、どうぞお役立てください。

製品の特徴

機能性関与成分である牡蠣肉抽出上清由来DHMBAについては、ロットごとに含有量を検査し、しっかりと含まれていることを確認した製品のみをお届けしております。

DHMBAディーバゼリーSの機能性関与成分分析結果は、以下のページからご確認ください

機能性関与成分分析結果

高い安全性をヒト臨床試験で証明しました

ヒト試験で安全性を確認済

DHMBAディーバゼリーSは、ヒト臨床試験において、十分な安全性を確認済です。

健康な日本人成人男女を対象に、摂取目安量の3倍量の過剰摂取試験、摂取目安量の12週間の長期摂取試験等を実施した結果、異常や体調不良等の症状は認められず、本品の高い安全性が証明されました。

また、DHMBAの微生物、培養細胞及びラットを用いて発がん性の有無を評価する試験においても、発がん性を懸念する結果は認められませんでした。 ラットを用いた急性毒性試験およびラットに91日間毎日摂取させた試験においても、安全性を懸念するような所見は認められませんでした。

DHMBAディーバゼリーSの貝毒分析結果は、以下のページからご確認ください

貝毒分析結果